キラメキテクスチャ

価値の決め方

カラット

ダイヤモンドという宝石は、何も知らない一般人の人でも価値のあるものとして認識しているでしょう。
しかし、どれほどの価値があるのかを詳しく知っている人は少ないと思います。ですから、ダイヤモンドを買取業者へ持っていくまで分からないと思っている人もいるでしょう。
確かに、事細かな詳細に関しては知ることは一般人の人が知るとなれば、結構色々なことを調べないといけません。
ですが、どうやって価値を決めるのかということは一般人の人でも簡単に知れます。それは、ダイヤモンドの価値はカラット、カラー、クラリティー、カットといった4Cと呼ばれているグレードで決まっているからです。
このグレードのことを知っておけば、どのようにして価値が決まるのかを知ることはできます。
こういったことがあるので、裸石やセットされているジュエリーなどの形状など関係なく鑑定士が査定してくれます。ジュエリーによっては、鑑定書がないということもありますがそれでも買取業者によっては適正な査定を行なってくれるので安心して下さい。
では、カラット、カラー、クラリティー、カットという4Cについて紹介していきます。

カラー

ダイヤモンドは、重さで価値を決められます。ですから、大きいから高いというのではなくて重いから高いという判断となります。
ですから、小さくてもカラットがあれば買取価格が上昇しますので、査定の時はカラットに関することも注目しておいて下さい。

クラリティー

ダイヤモンドは、見た目的に透明だというイメージがありますが、色がついています。
最高級なものは、無色透明となりますので買取業者で査定を行なってもらえば高く買い取ってもらえるでしょう。
色にはD~Zという風に等級が付けられているのですが、Zに近づくほど黄色味があるということなので無色透明よりも価値は下がってしまいます。
しかし、元々ピンクやブルーなどのダイヤモンドもありますので、そういったものはカラーによることで査定に響くことはありません。

カット

クラリティーは、ダイヤモンドの外部に傷がないのかという判断になります。これは、専門の鑑定士でないとちゃんと判断することはできませんので買取業者には必ずプロの鑑定士が存在します。
傷の種類や大きさ、位置なども買取する時に大きな査定材料となりますので、4Cの中でも重要なこととして認識しておくといいでしょう。

ダイヤモンドの原石を削ってジュエリーなどにセットしているのですが、そのカットによって輝きが変化します。
ですから、買取価格を決めるとなればクラリティーの次に重要視します。カットに関しては、他のグレードが関わってくることになりますので買取してもらう時は知っておいたほうがいいでしょう。