キラメキテクスチャ

注意点を知る

価格の変動

買取業者にダイヤモンドを買い取ってもらう際に、注意点を知っておかないといけません。
どうして注意点を知っておかないといけないのかといえば、知っておかないと査定に大きく響くからです。
ですから、買取業者へ行く前に注意点を知っておきましょう。
では、どういった注意点があるのかを紹介していきます。

傷などで査定に響く

ダイヤモンドを買取業者へ持って行くとなった時は、自分が思っている金額より高い時もあれば低い時もあります。
それは、常にダイヤモンドの相場が変動しているからです。それは、為替や市場在庫の状況などによって変化しますので毎日同じ買取価格ではないということを知っておいたほうがいいでしょう。
ダイヤモンドに関しては、どこの買取業者も4Cというグレードを基に査定を行いますが、業者や鑑定士の実績によって価格は変動することもあります。
それに、ダイヤモンドの種類によっても価値が異なりますので価格は変動します。買取業者によっては、ホームページ上に価格表を掲載してくれていますが、実際に査定を行なってもらった時と異なりますので理解しておいて下さい。

ジュエリーにセットされているダイヤモンドは、一見傷はついていないように見えますが細かい傷がついていることがあります。
この細かい傷も査定に大きく響きますが、これは一般人では到底見つけられる傷ではありませんので、査定を行なってもらわないといけません。
後は、白く濁っている、輝きが劣っているなどといった状態であれば買取価格に響きます。
自分で見て傷や痛みが酷いと思ったものに関しては、買い取ってもらう際に価格は下がるかもしれないと思っておいたほうがいいでしょう。
もし、それでも納得できない査定価格であれば、別の業者に依頼することもできます。査定してもらったからといって、必ずしもその業者に買い取ってもらわないということはありません。
これは、実店舗でも出張でも宅配でも納得できない価格なら買取を断ることができます。断って、幾つかの業者の査定を行なってもらって納得できる価格のところに買い取ってもらうといいでしょう。